ななな

なかやまの「な」、ナンデの「な」、ナットクの「な」

日本での子育て

少し前に

子どもはイギリスで育てたい! 7つの理由――住んでわかった。子育てと教育から見える日本へのヒント https://www.amazon.co.jp/dp/4396615507/ref=cm_sw_r_cp_api_3KRpzbV4YT0BQ

という本を読んだ。

 

イギリスというと今までは、ご飯が美味しくなくて、天気はどんより、キレイなブリティッシュ英語を話す紳士淑女の国というイメージだったが

この本を読んで、少し、というかかなり住みたくなった。

 

香港での小学校時代、イギリス人の子のお弁当が毎日サンドイッチ(ハムとチーズしか入っていないパッサパサのやつ)とリンゴ丸々1個だった。

うちの母はご丁寧に皮をむいて、塩水につけた後にラップに包んでタッパーに入れたリンゴを持たせてくれていた。

この違いはなんだといろいろ不思議に思っていたが、なんだか納得した。

 

日本の母親たちは本当にすごい。ほんっとーーーーーーーーに。

自分も母となった今、心から思う。

もちろん、少し前は寿退社で専業主婦が当たり前で、母親は身を粉にして子供と家族に尽くす、みたいな価値観だったわけで。

それが美徳とされる文化であり彼女らも自分たちのしていることに信じて疑わなかったということも大きい。

でもそれも戦後の一時期のみで、昔は裕福でもない限り皆働いてただろう。

なんで日本の女は家庭を守る像ができあがってしまったんだろう。やっぱり戦争かな?

 

ともあれ、上記の本で紹介されていたイギリスの母親たちと日本の母親たちの違いである。

そもそも楽をしなさい、お弁当はサンドイッチ(ハムとチーズで十分)とリンゴで良いんでないかい、と国の機関が推奨しているのである(!?)

日本でそれをやったら古き良き母親たちのデモと暴動が起こりかねない。

さらに、朝ごはんはシリアルでも良いんです、と続くので、おったまげー!である。

だって料理したらキッチンが汚れるでしょう、て

何のためにキッチンはあるのだとツッコミたくもなるのだが。笑

理由は本を読んでいただきたいのだが、兎に角、家事は手を抜いていいのだから、家族の団欒の時間を取りなさいという風潮で。さらに世間もそれを当たり前としている時点で、羨望の眼差しで遠く北西を眺めてしまう。

家族の関係って人の人生を丸ごと覆してしまうものでしょ。

もちろん日本の家庭が崩壊しているわけでもなく、イギリスの家庭が全て円満かといったらそうではないと断言できるが、何か感じるものがある。

母親をやっていて感じる閉塞感。

母親だという使命感のもつ閉塞感。

 

これを自力で突破しないことには、到底イギリスの母親レベルには到達できないだろうなぁ。

自信に満ちあふれた母親の顔になりたい。

大きな声で、

うちも朝ごはんは大体パンでーす!

と言えるようになりたい。(これはちょっと違うか)

子供だってキラキラしている大人の姿を見てキラキラする。少なくとも私はそういう大人に惹かれてきた。

日本のお母さんたちの、私主役を降りました感が私はまだ理解ができない。達観なのか諦めなのか。

 

やばいな、かく言う私も家庭も仕事も、自信ないなー。

どうしたら若い頃みたいに自信満々に戻れるのかしらん。。

自信がないと攻撃的になってしまうのかな…

よろしくない。(これはまた今度書こう)

 

最後にまた本の紹介に戻るが、子育ての環境の違いだけではなく、イギリス流(?)の子供への接し方や考え方もたくさん書いてあるので、ぜひ迷えるお母さんたちに読んでもらえると幸いです。

 

よし、今日もはよ寝よう。

 

広告を非表示にする

相手を知ることから始める

最近のなかやま家では、とある冷戦が勃発していた。

その名も

第一次タオル掛けの置き場所大戦。

 

東側(旦那)と西側(私)がそれぞれ、タオル掛けの置き場所を自分に都合のいいように置き直してしまっておりました。

 

気づいたら違う場所にあった、ってけっこうストレス。特に日常的に使うものほど。

 

なんでわざわざそこに置くの?使いにくくない?

という言葉が出てこないままかれこれ半年ほど。

ようやく、昨日終結を迎えました。

 

はっと、気づいたのは旦那と私の体型の違い。

私はお風呂に近い通路側に置いてしまっていたのだが、どうやらその位置は旦那にとって自然に通るには少し狭かったようで。私や息子は特に気にすることなくスッと通れるのだが、割とガッチリ体型の旦那には、ちょっとしたストレスだったらしい。なるほどー。

対談の末、タオル掛けはお風呂には近いが通路とは反対側に置かれることになりました。

 

 

とまぁこれはかなりアレな例ですが、ちゃんとニーズを満たしつつも万人にウケる(ストレスのない)ものに改良するという問題解決の糸口でした。

体型…盲点だったわー。

一度他人になって他人の感覚を味わってみたい。

 

 

周りに意識を向けてみるとたくさんのモノが考えられて設計されていて(特に日本って細かいところが素晴らしい)。

通路は一般的な体型の大人が違和感なく通れる最小の幅になっているし、ドアのサイズも、椅子の高さも、電気のスイッチも。

リモコンのスイッチはまだちょっとわかりにくいけど、今後改良されていくだろう。

 

これは製品だけでなく、様々なサービスにも共通して言えることで、デザイナーが必ず念頭に置いておくべきものだなぁと。ユーザーテストの大切さを改めて実感した、というお話でした。

 

ちゃんちゃん。

 

「働く」を子供にイメージさせよう

こんばんは、なかやまです。

 

月曜日ですね、皆さん働いてますか。

 

ブログ名を変えて心機一転、やる気に満ち溢れている私です。知人から、物書きは深夜回ってからがオススメ、みたいなことを聞いていましたが理由がよく分かりました。

ただでさえアウトプットが苦手な私は、日の光の下で公開ボタンなんて押せません。

 

………

 

ところで「働く」ってこと、皆さんは10代の頃イメージできていました?

 

私はというと、全く…と言ってよいほどできていませんでした。

 

大学では理学部の地球科学専攻、ゼミは地形学というなかなかマイナーな専門分野で、なぜそこに行ったかというと、空と山が好きだったから。

美術の授業では(みどりが好き)なんてポスター作っちゃうし、毎日空の雲を観察しながら6キロ走っちゃうし、ウキウキしながら北アルプス縦走しちゃうし、まぁ、どこにでもいるふつうの高校生でした。

 

できることなら昔の自分に、

「おいおいまじかよ、もちょっと将来何したいか考えなよ…」

と突っ込みたい。いや、大学はすごく楽しかったのだけれども。

うちは母親は専業主婦、父親はサラリーマンで毎日帰りが遅く、そのことに対して母は基本ネガティブな発言しかなかったため(日本の典型的な家族っぽいよね)、生活のための対価を得るために働かないといけないんだなぁ、まぁ大変、くらいにしか思っていませんでした。

たぶん恵まれていたんだと思います。

 

とにかくそんな頭お花畑の高校生に「働く」イメージなんてあるわけもなく、さらに大学では基礎学問しか学ばず、

ぽーんっ

と急に社会に投げ出されたわけです。

(いやもちろん就活はするわけですけども、お花畑は簡単には枯れてくれません)

 

偶然にも私は、遠回りはしたけれど自分のやりたいことを見つけることができ、仕事にもできて、やりがいも感じている。

けれどもやっぱり中には仕事つまらない、面白くないという方も大勢いらっしゃる。

 

今強く思うのは、子どもとコミュニケーションをサボらず、自分の仕事の楽しいところ、つらいところ、どう物と情報が循環してどう還元されるのか

たくさん伝えて、イメージをさせてあげたいな、ということ。

自分たちが消費者であって、その前提として生産者がいるんだということ。

働く、ということを具体性をもって感じさせてあげたいなぁと。

 

レストランでは中にコックさんがいるんだねー

着ている服は誰かが作ってるんだよ

絵本は描いた人がいるし

外国から食べ物を買ってきてくれる人もいるんだよー

とかまずはそんなところから。

 

1冊進めたい本といえばこれかな…

13歳のハローワーク https://www.amazon.co.jp/dp/4344018028/ref=cm_sw_r_cp_api_fvfTybAKWMEA4

 

 

以上、「働く」イメージの思い出話でした。

てかまだあと30年もあるのか…

ブログをはじめるにあたり

大したことではないのだが、人生で初めてブログというものを始めてみる。

これまで手帳の三行日記やmixifacebookなどはやってきたが、どれも思春期真っ只中の読み返すと背筋が凍りつくような内容(ムダに♡とか☆とか多い)ばかりだったので、おそらくこういった形の、自分の思考をしっかり整理しながら書くというのは初めてなんじゃないかと。

 

普段あまり人のブログを読むということもしてこなかったので、何が正解か、どこまで心の内を曝露してよいものか、そもそもどんな文体で書いたらよいものかすら分からないが、時間を見つけて書いていこうかなと。(そもそも正解を見つけようなんてことがたぶん愚かなんだよね。それでも正解を見つけたくてモジモジしてしまう私は学級委員体質です)

自分に向けて書くのか、世間様に向けて書くのかは検討中。

 

まずはライトに携帯からも打てる程度のものから粛々とやって参りたいと思います。

 

内容的には大きく3つ。

・子育てと家庭のこと

・職業としてのデザインのこと

・働くってことと仕事のこと

 

日々ワーキングマザー(自分でこう言うのもなんですが、字面がかっこいいな)としての自分なりの答えを導き出して行けたらよいなと思う。

月曜と土曜の憂鬱度で精神状態が把握できます、なかやまです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて夕飯作りますか。自己紹介はまた折を見て。